視力回復

視力回復

視力回復の方法について書いています。

粋ですな通販 > 視力回復

視力回復トレーニング

私もコンタクトやメガネにお世話になるほど目は良くないので、色々と視力回復のトレーニングを試してみたりしました。ですので、ネットや本で調べた事や実践で回復効果があったと感じる方法をいくつか紹介していきたいと思います。

  • 近くと遠くを交互に見つめる
  • 遠くを見つめ、見えない物をよく見ようと意識する
  • 速読によって目の筋肉を鍛える

上記のように後天性と思われる(遺伝かも?)視力低下の原因は、主に筋力の低下による水晶体のピントを合わせる機能が落ちてくることが考えられるようですね。

目の良い人と悪い人では「同じテレビ画面を見つめてる」状態でも目の動かすメカニズムが違ったりするようです。それは、目の悪い人は無意識に目の筋肉をあまり動かさず物を見ている→筋肉が硬直し、凝り固まることによる疲労や筋力低下。といった事が起きてしまっているようです。

ですのでまずは目をリラックスさせる事と、上下左右を目一杯視野を動かしてあげたりグルグルと回転させてみたりして目の筋肉を動かしてあげる事を意識すると良いですよ。あと、肩こりや首コリも実は大きな原因の一つであることも多く、首のストレッチもしてあげると良いです。

視力回復コンタクト

トレーニングをするのも良いけど、もっとてっとり早く簡単なものはないのか!?という方には、専用の矯正コンタクトや、トレーニングの項目でも書いたような「つけているだけで視力回復を促す筋肉のエクササイズ効果」の仕組みを持ったメガネがおすすめです。

パソネットPC-Eyeというサングラスのような矯正メガネがあります。レンズ部分に小さな穴が開いていて、これがピンホール効果と呼ばれる毛様体(視力に関係する筋肉)を上手い具合にトレーニングしてくれます。

 実はこういった仕組みを持ったメガネは十数年以上も前からあるようで、僕も過去に書籍の付録についていた手作りの矯正メガネを作って試してみた事があります。ダサかったのと、厚紙で作った簡易メガネだったのですぐ壊れてしまいましたけど(笑)

実際に見えるようになり回復効果や良いトレーニングだと実感できたので、壊れるまで愛用してました。サイトを読んで頂けるとメカニズムがお分かり頂けるかと思いますが、パソネットPC-Eyeはその精度を高めた商品ですね。

レーシックや矯正コンタクトレンズも良いと思いますが、より自然な方法で視力回復を目指したいとお考えの方には、根気強く継続する必要もありそうではありますがパソネットPC-Eyeがおすすめです。

1日3分の眼筋体操に「パソネットPC-Eye」

視力回復 トップへ戻る

Copyright 2014 © 粋ですな通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ